只今の映画

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

上映日程
6月3日(木)〜7月4日(日)
[ 期間中休映あり ]
▼スケジュールはこちらをクリック

2021年5月 公開
2019年製作/118分/G/フランス・ベルギー合作
原題:Mon inconnue
(C)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS
公式サイト

Story
 高校時代に一目惚れをして結婚した、ラファエルとオリヴィア。
結婚10年目を迎え、小説家を目指していたラファエルは、いまや子どもたちに人気のベストセラーSF作家に。一方、小さなピアノ教室を開きながらピアニストの頂点を目指すオリヴィアは、仕事のことばかり考えているラファエルとのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけると大喧嘩に…。

 翌日、人気作家の特別授業として中学校を訪れたラファエルは、出会う人々の様子がおかしいことに戸惑いを覚える。そこでの自分は卓球に熱を上げるしがない中学校の教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した<もう一つの世界>だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった…。

 自分にとってオリヴィアがすべてだと気付かされたラファエル。もう一度オリヴィアと愛し合うことで元の世界に戻れると信じ、あの手この手を使って接触を試みる。二人は少しずつ心を通わせ合うものの、オリヴィアは公私共に長年連れ添ったパートナーと婚約することに。そこでラファエルは、ある重大なことに気づき、人生最大の決断を下す。それは、“恋”しか知らなかったラファエルがオリヴィアの幸せを一番に願う“愛”の決断だった…。


フランスで大ヒットを記録した『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督。『エール!』製作陣と再タッグを組んだ最新作は、若くして結婚したジェラン監督が自身の結婚生活を見つめ直すことで生まれた、完全オリジナル・ラブストーリー。

 自分本位な夫が、最愛の人が自分を知らない、さらに立場が逆転した<もう一つの世界>に迷い込み、“愛の試練”に立ち向かう姿を描いた本作。
 主人公・ラファエル役を演じるのは、第72回カンヌ国際映画祭でショパール・トロフィーを受賞し、フランスでいま最も注目される俳優フランソワ・シビル。状況も立場も一変した世界で戸惑いながらも妻の気持ちを取り戻そうと奔走し、“愛”に向き合う心の機微を丁寧に演じてみせた。
 ヒロインのオリヴィア役には、キュートなルックスとフランスの名門校を卒業した経歴を持つ、才色兼備な女優ジョセフィーヌ・ジャピ。<もう一つの世界>では人気ピアニストとしてのオーラたっぷりに、天才ならではの悩みやラファエルとの出会いによって生じた葛藤を繊細に表現している。
 本作をきっかけに交際に発展した2人の息の合った演技は必見。そして、どちらの世界でも相棒としてラファエルを支える親友・フェリックス役を務めるのは、2019年に本作を含む7本の出演作がフランスで公開されるほど、引く手あまたな喜劇俳優バンジャマン・ラヴェルネ。思わず笑いがこみあげる、ラファエルとのコミカルな掛け合いはもちろん、不意に見せる切ない表情など、振り幅の広い演技にも注目!

みんなの恋愛映画100選

前作である『みんなの映画100選』に続く第2弾。

イラストレーター長場雄が選び、描いた映画のワンシーンと、
その映画にでてくるセリフを抜粋し、解説をしていく絵本のような書籍。
今作では“恋愛”にまつわる100本の映画に特化した。
さらに長場のインスタグラムにも出ていない100点のイラストは
全て描き下ろしとなっている。

カルチャー誌などでそれぞれ活躍しているライターの
山瀬まゆみ、小川知子、中村志保が抜粋したセリフと
独自の解説は、ライトに読めるものから、考えさせられるものなど様々。
“あの名セリフ”もあれば、観たことがある映画だけど、
気にかけていなかったセリフなんかも登場するかも。

長場が描くワンシーン、3名が選ぶ絶妙なセリフとその解説で、
読み進めるごとにまた映画が好きになる、そんな1冊。

ページをめくって、さぁ、今日は何を観る?

TRAILER

みんなの恋愛映画100選

前作である『みんなの映画100選』に続く第2弾。

イラストレーター長場雄が選び、描いた映画のワンシーンと、
その映画にでてくるセリフを抜粋し、解説をしていく絵本のような書籍。
今作では“恋愛”にまつわる100本の映画に特化した。
さらに長場のインスタグラムにも出ていない100点のイラストは
全て描き下ろしとなっている。

カルチャー誌などでそれぞれ活躍しているライターの
山瀬まゆみ、小川知子、中村志保が抜粋したセリフと
独自の解説は、ライトに読めるものから、考えさせられるものなど様々。
“あの名セリフ”もあれば、観たことがある映画だけど、
気にかけていなかったセリフなんかも登場するかも。

長場が描くワンシーン、3名が選ぶ絶妙なセリフとその解説で、
読み進めるごとにまた映画が好きになる、そんな1冊。

ページをめくって、さぁ、今日は何を観る?

twitter facebook instagram line line