今月の本『みんなの映画100選』『みんなの恋愛映画』

2021.06.15

みんなの映画100選

どんな映画にも、忘れがたいシーンとセリフが登場する。

イラストレーター長場雄による、なめらかな黒い線で表現される映画のワンシーンと、その映画にでてくるセリフを紹介、解説していく絵本のような書籍。セリフの選出、解説はカルチャー誌を中心に活動する若手映画ライターの鍵和田啓介。

シンプルな線でありながら、人物の特徴を捉えている長場のイラストは、観たことのないシーンでも不思議となんらかのストーリーをこちら側に想像させる。選び抜かれたセリフとその解説は、鍵和田独特の着眼点と捉え方があり、共感するものもあれば、「このセリフからそんなことを感じ取るか」と、思わず言いたくなるようなものもある。イラストとこの文章が抜群の相性を見せ、読んだあとには映画レンタルショップに駆け込まずにはいられない、そんな1冊。


みんなの恋愛映画100選

前作である『みんなの映画100選』に続く第2弾。

イラストレーター長場雄が選び、描いた映画のワンシーンと、
その映画にでてくるセリフを抜粋し、解説をしていく絵本のような書籍。
今作では“恋愛”にまつわる100本の映画に特化した。
さらに長場のインスタグラムにも出ていない100点のイラストは
全て描き下ろしとなっている。

カルチャー誌などでそれぞれ活躍しているライターの
山瀬まゆみ、小川知子、中村志保が抜粋したセリフと
独自の解説は、ライトに読めるものから、考えさせられるものなど様々。
“あの名セリフ”もあれば、観たことがある映画だけど、
気にかけていなかったセリフなんかも登場するかも。

長場が描くワンシーン、3名が選ぶ絶妙なセリフとその解説で、
読み進めるごとにまた映画が好きになる、そんな1冊。

ページをめくって、さぁ、今日は何を観る?

 


 

twitter facebook instagram line line