映画

マイ・フーリッシュ・ハート

上映日程
2020/ 1/ 6(月)〜1/26(日)

2018年製作/87分/PG12/オランダ
原題:My Foolish Heart
公式サイト 公式twitter

 1950年代のジャズ・シーンに彗星のごとく現れ、唯一無二の魅惑を湛えたトランペットの清冽な音色と中性的な歌声によって、巨人マイルス・デイヴィスを凌ぐほどの人気を獲得したチェット・ベイカー。端正なルックスゆえに“ジャズ界のジェームス・ディーン”と呼ばれたこの天才ミュージシャンは、ドラッグ依存によって心身をひどく蝕まれ、悲劇的な人生を送ったことでも知られている。1960年代にキャリア終焉の危機に陥ったチェットが、どん底から奇跡的なカムバックを遂げていく様を描いたイーサン・ホーク主演作『ブルーに生まれついて』(2015)が、多くの観客の胸を打ったことも記憶に新しい。
1988年5月13日、金曜日の未明。ひとりの男がオランダ・アムステルダムのホテルの窓から転落した。いち早く現場に駆けつけた地元の刑事ルーカス(ハイス・ナバー)は、うつ伏せの状態で頭部から血を流している遺体を確認すると、その男が落ちた2階の窓辺に謎めいた人影を目撃する。しかし殺風景な部屋の内部には誰もおらず、机にはドラッグ用の注射器などが散乱し、床にはトランペットが転がっていた。
一時帰宅したルーカスが目覚めると、ラジオが意外な人物の訃報を伝えていた。チェット・ベイカー、享年58歳。伝説的なトランペット奏者である彼が、なぜアムステルダムの場末のホテルで転落死したのか。投身自殺なのか、それとも何者かが関与した事件なのか。すぐさま捜査を開始したルーカスは、最初にチェットのマネージャー役を務めていたピーター(ティボー・ヴァンデンボーア)を訪ねる。ピーターの証言によれば、チェットは数日前のレコーディングの際に「アイ・キープ・ユー・クロース・トゥー・ミー」を心地よさそうに演奏し、最後のライブでは苦しげな様子で「マイ・フーリッシュ・ハート」を歌ったという。さらにピーターは「ここ数日、彼は魂を失っていた。巨大な暗い虚無感にむさぼり食われたかのように」と、ルーカスに言い伝えた。
次にルーカスが訪ねたのは、フィールグッド医師(アルヤン・エーダーフィーン)だった。ごく最近、ひどい体調で転がり込んできたチェットを手当てしてやったと語るフィールグッドは、彼と親密な仲だったらしい。そしてルーカスは、チェットにはサラ(リンゼイ・ボーチャンプ)という最愛の女性が存在していた事実を聞き出すが・・・。

終わりなき闇 チェット・ベイカーのすべて

2006年|河出書房新社|ジェイムズ・ギャビン (著)
米・西海岸のジャズシーンに颯爽と現れた、チェット。アンニュイな雰囲気で人々を魅了、ブルース・ウェーバーが映画まで撮った男。ドラッグにおぼれ孤独な死に至るまで、今まで語られてこなかった彼のすべてを語った決定版評伝。

TRAILER

終わりなき闇 チェット・ベイカーのすべて

2006年|河出書房新社|ジェイムズ・ギャビン (著)
米・西海岸のジャズシーンに颯爽と現れた、チェット。アンニュイな雰囲気で人々を魅了、ブルース・ウェーバーが映画まで撮った男。ドラッグにおぼれ孤独な死に至るまで、今まで語られてこなかった彼のすべてを語った決定版評伝。

twitter facebook instagram line line