只今の映画

エレファント・マン4K修復版

上映日程
8月 6日(木)~8月23日(日)
▼スケジュールはこちら

1980年製作/124分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:The Elephant Man
日本初公開:1981年5月9日

※当館では2K上映です。

マイノリティとそれを取り巻く人々の在り方を描いた問題作。
それは、今なお、私たちの心に突き刺さる――。
第53回アカデミー賞®作品賞など主要8部門でノミネートされ、第34回英国アカデミー賞では作品賞と主演男優賞を受賞。
『イレイザーヘッド』(77)でカルト的な人気を集めていた若きデイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中にとどろかせた記念碑的映画。
19世紀末のロンドン。怪物のような特異な容姿から“エレファント・マン”と呼ばれて見世物小屋に入れられていた青年メリック。
外科医のトリーヴズは彼が豊かな感情や高い知識を持っていることに気づき、おびえている彼を自分の病院に引き取ることにした。
実在したジョン・メリック青年の数奇な生涯を医師トリーヴズが回顧録に残す。
後に戯曲化され、1979年のブロードウェイ公演が評判となりトニー賞作品賞受賞。
リンチ監督は回顧録にもとづき、戯曲とは別のアプローチで映画化した。
19世紀末ロンドンの場末そのままの、霧が立ち込める街の光と影を美しい4K映像に修復。
そして、メリックの喜びと絶望の明暗をもあざやかに映し出す。

ポーリン ケイル (著), 浅倉 久志 (翻訳)
晶文社 1990年

いい映画なら、ノドをごろごろ鳴らして味わいつくす。つまらなければ、歯に衣きせず斬りまくる。俳優の演技については言うまでもなく、監督の意図と実際、音楽や特撮技術などのすべてのわたって吟味し、作品の出来不出来を明言する。その博識と独特の辛口批評で知られる「ニューヨーカー」の女性評論家が、冒険活劇からSF、コメディ、文芸大作まで、88本の映画を相手どって展開する、愛情あふれる徹底ガイド。

TRAILER

ポーリン ケイル (著), 浅倉 久志 (翻訳)
晶文社 1990年

いい映画なら、ノドをごろごろ鳴らして味わいつくす。つまらなければ、歯に衣きせず斬りまくる。俳優の演技については言うまでもなく、監督の意図と実際、音楽や特撮技術などのすべてのわたって吟味し、作品の出来不出来を明言する。その博識と独特の辛口批評で知られる「ニューヨーカー」の女性評論家が、冒険活劇からSF、コメディ、文芸大作まで、88本の映画を相手どって展開する、愛情あふれる徹底ガイド。

twitter facebook instagram line line