映画

ウトヤ島、7月22日

2018年/ノルウェー/97分/
■監督 エリック・ポッペ
■出演 アンドレア・バーンツェン/エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン/ジェニ・スベネビク
■コピーライト:© 2018 Paradox
原題: Utoya 22. juli

上映日程
7月1日(月)
 〜7月21日(日)

2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で起こった無差別銃乱射事件を、生存者の証言に基づき映画化。映画は同テロ事件のうちウトヤ島での惨劇に焦点を当て、サマーキャンプに参加していた主人公の少女カヤの視点から、事件に巻き込まれた若者たちが恐怖や絶望の中で必死に生き抜こうとする姿をリアリズムたっぷりに描いた。センチメンタルなドラマや音楽などの装飾を一切排除した本作は、登場人物の心の葛藤と身体的な反応を生々しいほどダイレクトに伝えてくる。映画と観客の間の垣根をすべて取り払い、想像を絶する緊迫感と臨場感でこのテロ事件を体感させる衝撃作である。

大量殺人の“ダークヒーロー"――なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?

2017年|作品社|フランコ・ベラルディ(ビフォ) (著)
続発する“銃乱射"や“自爆テロ“事件。なぜ彼らは“死"を求めるのか?なぜ世界的に“急増"しているのか? 世界的に注目される先鋭的な思想家が、犯人と事件の綿密な分析によって動機・心理・社会背景を解明する―今、世界で話題の本。

TRAILER

大量殺人の“ダークヒーロー"――なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?

2017年|作品社|フランコ・ベラルディ(ビフォ) (著)
続発する“銃乱射"や“自爆テロ“事件。なぜ彼らは“死"を求めるのか?なぜ世界的に“急増"しているのか? 世界的に注目される先鋭的な思想家が、犯人と事件の綿密な分析によって動機・心理・社会背景を解明する―今、世界で話題の本。

facebook twitter instagram line