3/27(土)「屏風と映画」短編作品 特別上映

2021.03.10

 \開催決定/

「升本尚希」制作短編作品 特別上映

シネコヤファンクラブ会報誌「月刊シネコヤ」に毎月連載のコラム「屏風と映画」を執筆している、升本尚希さん(湘南工科大学中尾研究室)による短編作品を上映します。映画と古典芸術を掛け合わせて独特な視点で考察される、升本尚希さんの世界観。
これからを担う若手映像作家の作品をお楽しみください。

●日時:327日(土)1900~20:10ごろ

●会場:シネコヤ

●定員:8名(要予約) 0466-33-5393

●料金:無料(ワンドリンク制)

19:00~上映

film.1:『Folds in the garden2021

屏風に描かれた風景のように、撮影された映像もまた、カメラワークや画像処理によって折りたたまれ、開かれる。その中で、屏風と映画という形式の境目は曖昧となり、カメラは絵師の眼差しの代わりとなり、三渓園の風景を切り取っていく。Folds in the garden、三渓園、屏風映画。本作品は月刊シネコヤ連載『屏風と映画』の考察と共に制作された。

film.2:『Blank of Kamakura2020

俳句は、その「切れ」によって風景に余白を挿入し、時間と空間を脱臼させる。この短編は、「カメラ」によって鎌倉の風景の余白を切り出し、時間と空間を漂白する。Blank of Kamakura、鎌倉、俳句映画。ここでのサウンドは、俳句に少なからずインスパイアされたステファヌ・マラルメの『骰子一擲』の文字レイアウトを音響化した。

film.3:『Travelesque2019

浮世絵に描かれた江の島を巡るシネエッセイ。江ノ島を描いた浮世絵は、風景画としてのピクチャレスクの美学と、その誇張・歪曲表現にてグロテスクの美学を同時に併せ持っている。そして、それは現実と幻想が溶融する旅の美学、トラベレスクの美学と言えるのかもしれない。Travelesque、江ノ島、浮世絵映画。(藤沢市藤澤浮世絵館委託作品)

19:50~20:10 トークイベント

    升本尚希×シネコヤ店主 竹中翔子

    「これからの若手映像作家のゆくえ」

 

今月の入荷本『ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話』『世界の映画館 』…

2021.02.18

ヨーロッパの図像 神話・伝説とおとぎ話

好評の「おとぎ話シリーズ」に、待望の神話・伝説編が登場。ギリシア・ローマ神話はもちろん、北欧・ケルトの神話や聖書の物語、中世のゴシックホラーや世紀末ファンタジーまで、シリーズ史上最もディープでドラマティック! どうぞご期待ください!

 


世界の映画館

アールデコの豪華絢爛な映画宮殿、世界最小移動式シネマ、星空の下での野外シネマ、国際映画祭会場。美しい劇場建築から、映画をより楽しめるよう追及されたユニークな鑑賞スタイルまで。映画好きなら一度は訪れてみたい、娯楽性に富んだ世界の映画館をご紹介します。

 


世界 夢の映画旅行

ノスタルジー漂う往年の名作から、今をときめく話題の新作まで、全55作品の映画の撮影地や舞台の風景を収録。すでに観た映画はもちろん、まだ観たことのない映画でもすぐに旅に出たくなる、旅情をそそる風景が勢ぞろい。映画選定は、国内最大級の映画とドラマのレビューサービス“Filmarks(フィルマークス)”が担当。

3月7日(日)『 音響ハウス Melody Go Round 』トークショー!

2021.02.21

 \開催決定/

『音響ハウス』
相原裕美 監督 × 琢磨 仁氏 トークショー!

パンフレット販売・サイン会あり


※満席のため、受付終了いたしました。
パンフレット購入・サイン会のみのご参加は、予約無しでご来店ください。

◆開催日時:

3月7日(日)10:00-      Aタイム後のトークになります。

※スケジュールはこちら

 

※予約優先となります。人数制限がございますので、ご予約ください。
(ご予約の方は、当日09:45までにご来店して頂き受付して頂く必要がございます)
(ご予約はこちら 0466-33-5393)

 

招待券はご利用いただけません。

※舞台挨拶のみのご参加は出来ません。

※書籍販売・サイン会のみご参加の方は、予約無しでご来店ください。

 

登壇者との握手等の接触はお控えください。

※当日は、必ずマスクの着用をお願いいたします。(マスク着用の無い方は、入店をお断りさせて頂いております)

◆◆◆
[ゲスト]
相原裕美(アイハラヒロミ)監督
企画プロデューサー/ 映画監督

1960年生まれ、神奈川県出身。
ビクタースタジオでレコーディングエンジニアを経験した後、1985年ビクター音楽産業(株)(現ビクターエンタテインメント)ビデオソフト制作室に異動、制作ディレクターとなる。オリジナルビデオ企画編成の傍ら、ミュージックビデオの黎明期と重なり、同社アーティストのミュージックビデオを演出・プロデュースとも数多く手掛ける。主なアーティストはサザンオールスターズ、ARB、Cocco、頭脳警察、マルコシアス・バンプ、永瀬正敏、斉藤和義等、多数。ミュージックビデオの仕事で当時新人だった岩井俊二や下山天ら映画監督を見出した。

[聞き手]
琢磨仁 氏
音楽家/プロデューサー/写真家/ドローン映像作家

片瀬在住。
KUWATA BANDのベーシスト。
宇崎竜童&RU Conection with 井上堯之、小林克也&ザ・ナンバーワンバンドのメンバー。世良公則、今井美樹、伊藤銀次、斎藤 誠のツアーやレコーディングに参加。伊勢神宮第61回式年遷宮イメージソング「悠久」作曲。作詞は星野哲郎。

妻の琢磨啓子とHalf Moonとして活動中。
昨年の片瀬西浜での海岸ドローンパトロールにドローンパイロットとして参加。アースデイ湘南の実行委員として「江の島フラ・パラダイス〜愛してる!湘南から世界へ!enoshima hula paradise」、海にありがとう実行委員長として「海にありがとう〜湘南から海へ愛と感謝を!」開催。
阪神淡路大震災、東日本大震災支援活動も行なっている。

2月8日(月)『タネは誰のもの』トークショー!

2021.01.30

 \開催決定/

『タネは誰のもの』
山田正彦プロデューサー トークショー!

関連書籍販売あり

※満席のため、受付終了いたしました。

 

◆開催日時:

2月8日(月)Bタイム後

※スケジュールはこちら

※予約優先となります。人数制限がございますので、ご予約ください。(シネコヤ 0466-33-5393)

招待券はご利用いただけません。舞台挨拶のみのご参加はいただけません。

※書籍販売・サイン会へは、予約無しでご来店ください。

登壇者との握手等の接触はお控えください。

※当日は、必ずマスクの着用をお願いいたします。(マスク着用の無い方は、お断りする場合がございます)

◆Profire

プロデューサー 山田正彦  氏 

長崎県生まれ。弁護士。1993年に衆議院選挙で初当選、20106月には民主党政権下で農林水産大臣に就任。2012年に離党して反TPP・脱原発・消費税凍結を公約に日本未来の党を結党。現在はTPPや種子法廃止の問題点の現地調査や各地で講演会・勉強会を開催。著書に「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」(2016, サイゾー)、「タネはどうなる?種子法廃止と種苗法運用で」(2018, サイゾー)、「売り渡される食の安全」

 

鵠沼海岸マイクロプラスチックビーチクリーン

2020.12.11

地球からのメッセージアートWS &ビーチクリーン

 

日本は海に囲まれている島国
毎日海岸に流れ着く漂流物の中に
無数のプラスティックが流れ着いています。今や世界の海はプラスティックプールと呼ばれているほど、この無数のプラスティックの影響は、計り知れません。
その海洋プラスティックの現状を知ってもらい湘南海岸での、ビーチクリーン & 海洋プラスティックの採取を体験し、採取したプラスティックで地球からのメッセージクラフトとして、アクセサリーや小物に変えるワークショップです。
※参加者は、お子様から年齢に関係なくご参加できます。
◆12月25日(金曜日)13:45(※『プラスチックの海』上映終了後)〜16:00ごろまで
◆定員:6名
◆参加費:1000円(材料費込み)
◆集合場所 : 鵠沼海岸 シネコヤ
小田急線 鵠沼海岸(くげぬまかいがん)駅より徒歩5分
◆海洋プラスティック採取場所
湘南海岸 ワークショップ
◆内容:
シネコヤ集合(※『プラスチックの海』上映終了後)
→鵠沼海岸にてビーチクリーン(徒歩5分)マイクロプラスティック採取
→シネコヤへ戻って、メッセージアート作りWS
◆申込:
シネコヤ 0466-33-5393
twitter facebook instagram line line