毎週木曜日定休に変わります。

2018.07.03

7月のパンカレンダー

2018.07.03

※持帰り・カフェのみ利用可

6月のパンカレンダー

2018.06.02

※持帰り・カフェのみ利用可

 

今月のパン 5月

2018.05.05

スープのはなし。 スープをひと匙すくって口に含むと すっと身体に染み渡る。 安らぐ瞬間。 そんな時に身体の声を聴くことが 出来るのかもしれません。 春夏秋冬を感じて 旬の素材 を選び、シンプルで美味しい スープを仕立てる。 加え過ぎずにその素材本来の味を感じられるスープ。 暑くなってきたら少し冷たく喉越しが良くて見た目も涼やかなスープ。 少し肌寒い時には根菜類や雑穀を含むスープで 身体を助ける。 今日は何のスープにしようかなぁ。 スープとパン。 これって最高の組み合わせだなぁ。 チコパン×クゲヌマではスープセットをご用意しています。スープとサラダとパンのセット。 パンはチコパンと言えばのカンパーニュ。 スープと一緒にカンパーニュ体験して頂けたら嬉しいなぁという想いを込めて。 旅先のスープをあれこれ思い出す近頃。 合わさる旅の記憶と味の記憶。 いろいろなスープで旅をするのも良いかも。

『スープ』

単品 500円(税込)

スープセット 1,100円(税込)

今月の本:5月「寺山修司特集」

2018.05.03

 

昔あこがれた、あの作家。

その本を読んでいると、なんだか大人になった気持ちになって、
一生懸命、言葉を追いかけていたように思います。

「書を捨てよ町へ出よう」「ポケットに名言を」「戯曲 毛皮のマリー」…

難しい言葉のつなぎの本当の意味を知らずに、ただただ言葉を追いかけて、その本に近づきたくて通学の電車に揺られながらわかった気になっていました。

今になって読んでみると、年も重ねたもんだから、その言葉の意味やニュアンスなんかも受け取れるようになっていて、これまた違った“寺山修司”の世界が拡がって。けれどもその独特の世界観に、やっぱり近づけない部分こそが、彼の魅力なんだと思います。

twitter facebook instagram line line